ビルの省エネをすることで地球環境を良好に保つことができる

  1. ホーム
  2. 環境にやさしい電力供給

環境にやさしい電力供給

エコ

再生可能なエネルギー

バイオマス発電は生物に由来する資源を使って発電する仕組みを言い、再生可能エネルギーの一種です。具体的には木材や廃油、生ゴミや家畜の糞尿などが燃料となります。このうち木材や廃油は直接燃焼させ、生ゴミや糞尿は発酵させて可燃性のガスを取り出します。なお石炭や石油も元を正せば生物に由来しますが、数世代で再生できる資源ではないため、バイオマス発電には分類されません。太陽光発電や風力発電は天候によって効率が大きく左右されます。これに対してバイオマス発電は、燃料さえ確保すれば常に安定して発電できるのがメリットです。電力の固定価格買取制度が適用されることもあって、コストや収益を計算しやすいため人気があります。

温暖化防止に貢献

バイオマス発電はカーボンニュートラルであることが特徴です。発電機を回すとき放出される二酸化炭素は、燃料になる植物が成長するために利用され、差し引きゼロになるという意味です。大気中の二酸化炭素量を増加させないため、温暖化防止に貢献すると言われています。一般的な火力発電や原子力発電に比べると、バイオマス発電は燃料の効率が低いため、コストが高くつくという問題点があります。しかし電力の安定的な供給や廃棄物の再利用、環境負荷の低減といった数多くのメリットがあることから、政府でも普及の促進に力を入れており、さまざまな補助金を受給することができます。新電力会社の中にも、バイオマス発電を積極的に活用しているところが少なくありません。