ビルの省エネをすることで地球環境を良好に保つことができる

ヘルメットを持つ人

空調等の自動コントロール

オフィスや工場・店舗では空調や照明に大量の電力を消費するため、省エネのために社員への負担が強いられています。それらの機器の自動制御と集中管理を行うBEMSは、経費節約と省力化を同時に実現しています。インターネット経由での遠隔操作も可能な自動制御システムは、快適な労働環境を効率的に提供しているのです。

エコ

環境にやさしい電力供給

バイオマス発電は生物に由来する燃料を使った発電方法で、電力を安定して供給でき、カーボンニュートラルで温室効果ガスを増やさないことが特徴です。コストは高めになりますが、各種の補助金を受給することができます。

電力自由化

新電力で電気代を安くする

PPSは、国の電力自由化方針に沿って誕生した、新しい電気事業者です。料金の単価や算定方法は各社の裁量に任されているため、自分の電力消費スタイルに合った料金メニューを提供している事業者を選べば、光熱費を節約することが可能になります。

無駄なエネルギーの削減に

ビル

ビルの省エネにも断熱化、気密性を確保することの重要性は認識が広まりつつあり、ビル内のエネルギーコストの削減の為には知っておきたい事柄です。ビルと言っても建築物ですから、断熱性、気密性が低い場合には、折角の冷暖房機材の効率を悪化させてしまいます。断熱性が低ければ外気に熱が逃げたり、外気の熱が室内に入ってくる量が多いです。気密性が低い場合には、熱や冷気自体が漏れ出してしまうので、やはり、冷暖房機材の電力を無駄にすることに成りかねません。しかし、逆に気密性、断熱性が優れている場合には、冷暖房機材を無駄に動作させる必要性が減ります。この為、ビルの省エネ化のためには、断熱、気密性についても見直してみてはいかがでしょうか。

ビルの省エネの為には冷暖房設備をより効率的な新型のものに買えたり、エネルギー監視システムを導入することも大切でしょう。しかし、断熱性、気密性も高いレベルでしたら、その分は省エネに寄与しますので、併せて考えておくことは大切と言えます。近年はビル向けの断熱材施工を行う会社も増えてきましたし、断熱窓を摂り入れている会社ビルも増えています。これ等に加えて、LED照明の採用や空調のリニューアルなどを行うことで、電気代をかなり割り安にすることも考えられます。長期運用できるものですから、数年後には採算がとれることも見込めます。また、社内の省エネに対する考えを高める効果も見込めるのです。いろいろな工法や資材が有るので、確認しておきたいものです。